カートをみる マイページへログイン ご利用案内 メール サイトマップ
RSS

 

The Kuramochi Rod Co. x headz 『ネオクラッシック』インターミディエイト&シグネチャーラップ


ライムグリーン×シルバー×レッドのレトロ配色のシグネチャーラッピング

バットからティップまでバンブーロッドの様なインターミディエイトラップ(段巻)を施した激手間仕様

ガイドはド透明に仕上げたクリアスレッド(糸)ラッピング(巻き)に
シルバーと蛍光グリーンのWラップを基調としております。

シンプルながらにヘッドハンターズ史上最高の出来と自負するギリギリに地味派手な
近未来的なデザインのロッドで御座います。
黒く透けるグラファイトブランクの上に
まるで光の輪の様に浮かび上がるシルバーと蛍光グリーンのラッピングが
シグネチャーラップ+インターミディエイトラップで数十段(百段以上?)
巻かれております。まるで光線銃から出る光線の様デス。
そんなスペースエイジデザインなのでスペースヘッズと呼んで
私菊地も愛用させて頂いております。

ヘッドハンターズスタンダードとして今後も別注依頼し作り続けていきます。

しかし、1本づつハンドメイドされるクラモチロッド社の製品だけに
年間に仕上がる総数はたかが知れております。

是非とも入荷したこのタイミングに
出来ましたら店頭で直接お手に取り
心行くまでクラモチロッド社のハイクォリティ製品と
ヘッドハンターズのマニア性をお楽しみご検討頂ければと思います

The Kuramochi Rod Co. x headz 『ネオクラッシック』インターミディエイト&シグネチャーラップ

価格:

47,080円 (税込) 62,260円 (税込)

モデル:

価格と在庫を一覧で確認する

価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

=====================================================================

『ネオクラッシック』

その名を聞いた時夢見がちなhead huntersは1960-70年代に隆盛を誇った
まるで鉄腕アトムの世界の様な、昔のヒトが想像していた未来的デザイン
を連想しました。

ロッドレングスも4.8ft,5.0ft,5.4ft,5.8ftと他のロッドと比べ極端にショートレングスを中心とした独特な世界観のラインナップ構成。
ビルダーのkuramochiさんにお話しを伺うと

『ダーツを投げる様にキャスティングしてもらうと、ロッドがオートマチックにまるでグラスの様に曲がりながらも、カーボンの反発力でオートマチックに押し出しながら、軽く距離を出してくれる。楽をする為にこのテーパーとこのレングスにしているんデスヨ』

とまさに前述した近未来のアイテムの様なハイスペックを持つと言う。
それが本当ならばまるで近未来の機械のウデが勝手に投げてるかのごとくなハイテクさじゃないデスか!
先ずは論より証拠。head huntersもそのハイスペックを体感すべく早速キャスティングをさせてもらいました。

...ナルホド ...!

通常オーバーヘッドキャストをする時って
■竿を後ろに鋭く振り、ロッドを曲げる。
■その曲がりが反発するタイミングに合わせ竿を押し出しキャスト
するのがノーマルデスよね。

『ネオクラッシック』は
■竿を曲げようとせず、まさしくダーツをする様に軽ーくルアーを送り出す
オートマチックに竿が曲がるのと同時にルアーを押し出し続ける感じなんデスネ
上手く説明出来ているか不安デスがまさにそんな感じデス!

今までに無かった感覚だから、単純に『気持ちイー !』
もしかして、そここそがクラッシックの名を残している所以なのかなって勝手にも思いました。 味があるんデス。とっても美味しい。

『ネオ・クラッシック』
ハイテクなフィーリングにクラッシックな世界観を併せ持つ不思議なネオいロッド
そんな遊び方が理解できる夢見がちな遊び人の貴方に贈ります...!
=====================================================================

『ネオクラッシックの5.10ft』

ネオクラッシックの5フィート10インチのロッドだけネオクラッシックの中で特殊なテーパーデザインとなっておりまして
オーバーハングの奥の奥に“ライナー”でキャストすることに特化したロッドになります。

反発力が強くファーストテーパーで
自分の体から離れた場所でキャスティングが出来る長さ設計の為、
反発力を活かしたまま鋭く強く竿を振る事が可能になり
結果“ライナー”のキャストを容易におこなえるロッドとなっております。

大きく被さった木の下、いわゆる“オーバーハング”の
奥の奥にキャストを決めるとなると
山なりの放物線を描く様なユルユルポットンのキャストでは
葉っぱや枝にルアーがぶつかってしまい奥まで届きません。

速いスピードの直球性の弾道“ライナーキャスト”で
奥の奥までレーザービームの様に放り込まないと出来ないんです。

直球の弾道を作るのには鋭く強い竿の振りが必要となります。
短い竿や柔らかい竿だと鋭く強いスイングをした際に
竿先が自分の体に近かったりロッドが曲がりすぎる為
ルアーがボートっぺりやエレキにぶつかり易くなりがちデス。

マニアックなお話かも知れませんが、
その為にこの5.10ftが開発されたんデス!

その強烈な反発力と絶妙な長さとテーパーデザインによる
イチローばりのレーザービームをお楽しみくださいませ。

ページトップへ