カートをみる マイページへログイン ご利用案内 メール サイトマップ
RSS

 

タマタマルアーオリジナルテイストの深煎りコーヒー豆「FireSide」

タマタマオリジナルテイストの深煎りコーヒー豆「FireSide」です。
200gの深煎りコーヒー豆をバルブ付きZipパックでの販売となります。

注)挽きたての風味を楽しんで頂く為、煎り豆の状態での販売になりますので、粉での販売はいたしません。

ペーパードリップの場合、お湯100mlに対して豆6~7gを目安に、中粗挽き程度で抽出して頂くと深煎りの苦みと甘み、ドッシリしたコクをお楽しみいただけます。
ミルクやシュガーを入れてもコーヒーのシッカリした味わいが引き立ちますので、ブラックが苦手な方はお好みでお試しください。

チョコレートやスウィーツ等の甘い物とブラックの相性がかなり良いので、アウトドアで焚火やストーブで暖を取りながらマッタリ味わって頂けると至福のコーヒータイムになります。

タマタマルアーオリジナルテイストの深煎りコーヒー豆「FireSide」

価格:

1,200円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

<ヒストリー>
今回のこのコーヒーは友人からの紹介でお話しさせて頂いた、「社会福祉法人山陰家庭学院通所はばたき」さんのご協力で完成しました。

はばたきさんは島根県松江市島根町で障害者の自立、社会活動への参加の為に、就労支援をされている施設でして、その一環としてコーヒー豆をハンドピックで選別し焙煎してパッケージ詰めをして販売すると言うお仕事をされてます。

このコーヒーやその他色々な商品の売上げが施設で就労訓練されてる皆さんのお給料になると言う事です。

社会貢献とかそう言う難しい話ではなく、このコーヒーに興味を持って頂いて、美味しく飲んで頂いて、そう言った活動を通じてこのコーヒーは出来たんだと言う事に少しでも興味を持って、社会福祉活動に関心を持って頂けたら嬉しいとはばたきの施設長さんは言っておられました。

僕がコーヒーをオリジナルで作ってもらうからにはやっぱりアウトドアで飲みたくなるテイストにしたい!ってのがあったので、今回は冬のアウトドアにピッタリな焚火やストーブの傍らで甘い物でも少しつまみながらシッカリとしたコーヒーの香りと味わいをゆっくり満喫できるテイストの深煎りで仕上げて頂きました。

僕はコーヒー大好きですが、淹れるのが上手いとかでは無いので参考にはならないかも知れませんが、僕がこのコーヒーをどんな感じで淹れてるかを簡単に説明させていただきます。

まず、このコーヒーは挽きたての風味を楽しんで頂きたいので煎り豆での販売になりますから、豆を挽くミルはご用意ください。
挽き加減は中粗挽き。
市販の粉が中挽きと言う感じですが、それよりも荒いイメージ。
まぁお好みなので好みの挽き加減を見つけて下さい。
豆は基本的には100mlのお湯に対して6~7g目安で。
今回は一杯分の200mlをドリップする前提で7g×2で14g。
たぶんメジャースプーンで言えば軽く3杯??
(僕は400mlドリップする際は6g×4で24gにしますが、一杯分の時は豆の量が少なくなると少し薄くなるので200mlの場合は14gにします。)
まず14gの粉を平らにして、お湯は約90度くらいで淹れます。
ペーパーを先にリンスする派かしない派かと言う話はお好みで、、
僕は豆によってする時もありますが、この豆はリンスしない方が好みだったので、リンスなしからスタート。
まずは蒸らしですが、200mlの20%の40mlを注ぎ時間込みで1分。
シッカリ蒸らした後の2回目はまた20%の40mlを注ぎ時間込みで40秒。
これに関してはかなり僕の好みが反映しての時間なので、好きな様に淹れてもらったら良いかと思いますが、最初の蒸らしは粉全体にシッカリとお湯が行きわたってシッカリ蒸らされてる事が絶対です。
最後に注ぎ湯量200mlになるまでお湯を注ぎます。
200mlのお湯を注いでも出来上がりは170~180mlくらいになりますが、あくまでも注ぐお湯に対しての豆の量で計算なので、完成が200mlになる様に注ぐという訳じゃ無いです。
抽出時間は2分30秒~3分くらい。
400mlドリップすると落ちきるのに少し時間がオーバーする場合がありますが、あくまでも3分ぐらいを目安に落ちるくらいのイメージで。
僕が使ってるドリッパーはどこでも買えるハリオV60ですが、結構落ちるのが早いのでシッカリ蒸らしをしてないと粉全体でお湯が通らなくて薄くなるので、蒸らしはゆっくり全体に注いでシッカリと粉全体をお湯に触れさせる感じ。
この淹れ方で抽出時間が凄く長くなる様だと苦みや渋みが出てまろやかさが無くなるので、挽目を調節してもらったら抽出時間も変わってくると思うのでお試しください。
ここまで説明しといて言うのも何ですが、コーヒーはこれが美味しい!ってのは個人の趣向なので、あくまでも僕はこんな感じでこのコーヒーを淹れてますと言う僕の淹れ方なので、皆さんがこれが好みだって美味しさを色々試して頂けたらと思います。
それを調整できるのも豆から挽いて淹れるコーヒーの楽しみ方だと思うので。
外でドリップして飲むコーヒーは風景も香りも込みでとっても贅沢な時間になるので、是非コーヒーを飲む為に一手間工夫をして楽しんで頂けたらと思います。

<HeadHuntersマインド>
昔から釣具業界では徳を積むとバスが釣れる!と言い伝えられてきました。
美味しく楽しく社会貢献して、徳がつまれて、釣果アップ!
釣れるコーヒーだ!やったー!ってことで難しく考えずにお気楽に!

タマタマルアーオリジナルテイストの深煎りコーヒー豆「FireSide」

価格:

1,200円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

こんなのもオススメ!

商品を見る

Johnny Ace 『Counter Jaw (カウンタージョー)』

7,150円(税込)
ビッグバスの闘争心を煽る。浮上したバスのジョー(顎)にカウンター。
商品を見る

ブライトリバーHIP TWIST MINNOW(ヒップツイストミノー)』

8,580円(税込)
お尻をフリフリツイストきめてバスを誘う必殺ライブリー

ページトップへ