カートをみる マイページへログイン ご利用案内 メール サイトマップ
RSS

 

津波ルアーズ『くじらフェJ』


くじらフェJ

Body Length : 115 mm
Weight : 1 oz over class
Material : Ayous 

Urethane Finish

with “Fe” Chin Guard
Cock Head Line Tie
Original Surface Rig
Hook : Dos Cactus #1/0

Color :
Crazy Fish Mint Green [CF-MG]
Calavera Ivory [CV-IV]
Indigo [IDG]
Bloody Head [BH]
Glitter Lightning Purple [GL-PP]
Skull [SKL] Glow

13,000YEN
(14,300 yen with Tax)

津波ルアーズ『くじらフェJ』

価格:

14,300円 (税込)

Color:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

二十年余り前、ロング・ビル・ダーターというジャンルを初めて世に問うた“くじらフェ”のジョイントヴァージョン。おおよそ20年がかりの懸案が遂に結実です。

 長いあごを少し水中に突っ込みながらの不器用なターン、持ち前のユニーク極まりないキックバック、そして水中ダート、ラインアイを支点に左右に弧を描くようなそのウォブル、従来のロングビルならではのアクションにジョイントらしい生々しさが加わりました。捕食音を伴わないクワイエットで生々しいダーターという性格に大いに意味あり。傑作です。

プラグをぶった切ってジョイントプラグを作るという行為は決して嫌いではなく、むしろ好きなのだけれど、思ったほどに事は単純ではない。切っただけじゃアクションしないということがほとんどで、思うような動きを実現するには幾多の試作を要する。試作をいくら重ねても完成を見ないことも多々。

 このプラグの場合もデビューしてしばらくの後、当然のようにスパっとそのブランクが分割された。しかしどれもがまるでアクションせず、当時のスキルではその解決策も見つからず、ブランクはそのままどこかに捨て置かれる。

 それが二十数年ぶりにこれをもう一度ぶった切る気分になった。その時点で既にアクションさせることに関してもアイデアがあり、だいたいのジョイントの位置はもちろん、ウェイトの位置までもほぼ特定出来ていた。かくしてこいつは、思い通りに動かせない部分までをも含めて、ある種思い通りにアクションさせることに成功したのでした。

 ただし、それほど難しくないと高を括っていたのとは裏腹にこいつの木工が難を極めた。信頼する木工職人氏から相当「難しい」ことを告げられたものの、そこはそれいつものように無理を言ってお願いする。結果、思った以上にかなりの時間を要し、そしてその分、何より最終的に目ん玉飛び出るほどのコストがかかってしまった。

 と言うわけで、こいつを次に作るとなると相当先になると思われる。いつ作るかなんて本当にわからない。これが思ったように売れないなんてことになると二度と作らないと思う。

 傑作を手に入れる機会をどうかお見逃しなきよう?!

ページトップへ